それでは鍾乳洞の中に入ってみましょう。

内外の温度差が大きいこともあって、入り口付近はかなり強い風が吹き込んできます。

通路は狭く、人と人が何とかすれ違えるくらいの幅しかありません。

IMG_2102.jpg

ちなみに鍾乳洞の地図はこちら。

水色の枠でくくった区域は新洞と呼ばれていて、

昭和37年に奇跡的に手付かずの状態で見つかったそうです。

発達した鍾乳石を見ることができるのは新洞です。

IMG_2109.jpg

新洞は後回しにして、まずは新洞以外の場所から紹介していきますね。


↓白飛びしていて分かりづらいですが、看板には「天井知れず」と書かれています。

どういうことかというと、、、

IMG_2118.jpg

この場所で上を見上げても天井が見えないんです。

目に届くのは漆黒の闇ばかりなり。

IMG_2171.jpg

少し進むと「水琴窟」と書かれた看板を見つけました。

IMG_2119.jpg

↓こちらが「水琴窟」

よ~~く見ると真ん中の少し下に茶色の硯があると思います。

この硯に水滴がしたたり落ちるときに、まるで琴を奏でるような音を発することから、

「水琴窟」という名が付けられたそうです。

IMG_2123.jpg

耳を澄ますと「ぽちゃ~ん、ちゃ~ん、ちゃ~ん、ちゃ~ん・・・・・・」と幾重もの澄んだ音が

ただの水滴とは思えない存在感を醸し出しています。

ちなみに真言宗の開祖として知られる弘法大師(空海)は、ここを修行の場としたそうですよ。

当時、明かりもない真っ暗闇によく入ってこれましたね。

IMG_2167.jpg

↓「地獄谷」だって。。。

ここまでくると最早肝だめし。でも怯まず進みます。

IMG_2126.jpg

地獄谷をくぐると「三途の河」に辿り着きました。

どこからともなく流れ込んでくる地下水が、小さな川を成しています。

IMG_2127.jpg


IMG_2128.jpg

↓このあたりが洞窟の最奥です。この広大な空間は「死出の山」と呼ばれています。

先ほどの「三途の河」もそうですが、冥府にちなんだ名前が多いですね。

むむむ、彼方に見えるのは第一村人ならぬ第一地底人では?

IMG_2130.jpg

ごめんなさい、普通の観光客でした(^^;

でもこんな人気のないところで出会うと、ちょっと怖いですね。(それは相手も同じか、、、)

IMG_2133.jpg

学校のグラウンドくらいの広大なスペース。

天井まで30m以上はありそうな、巨大な地下空洞です。



奥の階段を上ったところに「さいの河原」と「縁結び観音」があるそうです。

早速行ってみることに。

IMG_2141_2.jpg

↓「さいの河原」

親に先立って死んだ子供が行く所といわれる三途の川の河原。

子供は父母の供養のために小石を積み上げて塔を作るそうな。

IMG_2144_20100923041208.jpg

↓「縁結び観音」

こんなムードで縁結びって言われても、それどころじゃないですよね(笑)

IMG_2147_3.jpg

さて観音様からご利益もいただいたことだし、元来た道を戻ることにしますか。

と思って振り返るとびっくり!

こんな階段を降りていかないといけないんです。

IMG_2148.jpg

ロードオブザリングに出てくるモリアの坑道だったかな、、、

たしかあの坑道の石階段は崩れ落ちたのでした。

IMG_2150_2.jpg

↓「死出の山」のすぐ隣にある「十二薬師」。

天井にキラキラと光っているものは全部一円玉なんですよ。

あんな高いところにどうやって挟んだのでしょうね。

IMG_2155_2_20100923044320.jpg

これにて旧洞の探検は終了です。



これから新洞に向かうのですが、写真が多くなってきたので

一度アップしますね。長くなってしまってごめんなさいm(__)m


スポンサーサイト

Comment

[1045]

こういうところは、涼しいけれど、ちょっと怖いのよね~~。自然の不思議にひれふする感じだからかなあ・・・・ずっと昔にNZでこんな洞窟の中の川をブラックウオーターラフティングしたことあるの。それは、おもしろかったけど・・・・笑

[1046]

うわ~日原鍾乳洞っ
前回のブログで下りの怖そうな階段の写真を見せられ期待していましたが、これほどとは!

大好きな綾滝に行く時のバスで必ず目にしていたのですが、滝好きな僕はほとんど気にも留めず・・・
今度山道や行き方を工夫して計画して、と、行きたくなっちゃいました!

それと掲載の仕方。僕のこの前の奥多摩紀行と同じく、歩いたそのままを掲載なさっていて。
やっぱりこれ、伝わりますね!

新道、楽しみにしておりますっ

[1047]

わ~~~~こんなとこに居る間に地震とかきたら困っちゃいますよね~~~(こわっ!!) でもとにかくきれいに写真が撮れていてすごいですぅ!!!!

つとさん さすが~!

[1051]

森の子さん、こんばんは~

なぬ!?モルジブのダイビングに続いて
NZの洞窟まで探検されたんですか!?
本当に指輪物語の世界ですね(笑)うらやましい~~
私もいちど行ってみたいです^^
それにしても本当に多彩な趣味をお持ちですね^^

[1052]

岩渕さん、はじめまして!

拙ブログにコメントいただきありがとうございます。
岩渕さんの記事も楽しく読ませていただいています。
奥多摩紀行の帰り道はハラハラでしたね(汗)

拙ブログは、自然の景色やら猫写真やら料理写真やら、
なんでも節操なく撮っていますので、お気に召したときに
ご覧になってくださいね。

日原鍾乳洞はとても素晴らしいところでした。登山ルートからは
ちょっと外れているみたいですが、もしご都合がよろしけば
ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

時系列に沿って紹介していくのは、リアリティがあっていいですね!


[1053]

明日香さん、こんにちは~

そういえば地震のことを考えてなかった・・・v-356
ふっと考えると冷や汗がでますね(^^;
写真は雰囲気を出すために色をちょっといじっているんですよ~

あ、先ほど無事に荷物が届きました!本当にありがとうございました!(^-^)

[1054] こんばんは。

涼しそうですね。でも今日は寒そうです。
写真はすごく迫力がありますね。
鍾乳洞は迷路のように探検気分でわくわくしますね。

[1055] 臨場感!

いやああ・・行ったときより臨場感があって、そして楽しみに見させていただけて
すごく有り難いです!
水琴屈・・一番覚えてます。
しかしこんなに美しいんですね・・怖さの方が大きかったかも・・
それにしても革靴でなくて・・よかった~~~~

高知には龍河洞もあるんです・・大きいですよ
涼しいですし・・いつか是非ご夫妻で・・お待ちします!

[1056]

すごい鍾乳洞ですね!
なんだか、怖いネーミングばかりで、急に縁結びなんて言われても???
地獄の縁結び!?
こんなところで修行したら、気が狂いそうです、怖くて。それも暗闇の中だったら。だから修行なんですよね。

[1057]

TUTOさん、こんばんは~
続きですね~~♪
なんだか暗くって少し怖いような気もしますが
お写真を拝見していくうちに
ワクワクしてきました♪
第一地底人ではありませんでしたね~~残念~笑

↓のお写真もお空を大きく撮影なさっているのが
なんともやっぱり素人の私達と違いますねっ綺麗☆
私は ほんと自分の作品さえ
なかなか上手く撮影できません^^;
募集の案内をこちらでは自分で作成するのですが
プリンターを動かなくしてしまい・・・先が思いやられます。汗

[1058]

tutoさん、こんばんは!
足元が危なそうな階段が…手すりもなくコワイですね!
ほんとに運動靴履いていらして良かったです!

沖縄と秋芳洞に行ったことありますが
結構いろんなとこにあるんですね~(*^_^*)
続きも楽しみにしています!

[1059]

私も明日香ちゃんと同じく、中にいる時に地震があったら怖いな~って思っていたところです。
暗い洞窟の中も三脚を使わないで、撮影されたんですか?
すばらしいですね。
私もちゃんとカメラ勉強しなきゃ。

[1060]

アイスエアさん、こんばんは~

洞窟の中は10度くらいだったので、
ジャケットを着ていてもちょっと寒いくらいでしたよ。
今日みたいな涼しい日に行くと凍えてしまいそうですv-276

実はちょっとだけ道に迷ってしまいました(笑)
でも同じように迷っている人が何人もいたのでちょっと安心しました。

[1061]

annさん、こんばんは~

水琴窟、覚えていらっしゃるんですね^^
本当に琴を奏でているような、不思議な音がしましたね。
私も最初に聞いたときに、どうしてこんなところで
こんな音が??ってちょっと怖くなりましたよ。

龍河洞で調べてみたら、、、うわわ~~大迫力の鍾乳洞ですね!
いつかぜひ行ってみたいです!

[1062]

ぱにぽぽさん、こんばんは~

何だかおの世を連想させるようなネーミングばかりでしたよ。
これも弘法大師の影響なんでしょうか??
地獄の閻魔様と縁結びしても困ってしまいますよね(笑)

[1063]

marimariさん、こんばんは~

募集案内はご自身で作られているのですね。
プリンタのインクがいくらあっても足りないですね。
ううう、たいへんそう。
お住まいが近くでしたら、写真のお手伝いだけでも
させていただくのですが、、、

あ、でもお店から作品が届いたら、ぜひブログで紹介させて
くださいね(^-^)

[1064]

nanakoさん、こんばんは~

狭くて急な場所なので、滑らないように作られていると思ったら
つるつると滑るのでびっくりしました!洞窟ってどこでもそうなのでしょうか。
革靴だったら引き返していたかも。。。

秋芳洞というと日本では最大規模の鍾乳洞ですよね。いいな~~
いちどでいいから行ってみたいです。。。

[1065]

かおりさん、こんばんは~

中にいるときに地震が起きたらって思うと
ぞっとしますね。。。でも地震で崩落したという
話も聞かないので、意外と頑丈にできてるのかも、、、

写真は三脚が使えなかったので手持ちで撮りました。
感度3000~4000、シャッタースピード1/15secくらいでしょうか。
2枚に1枚は失敗するので、同じ景色を2枚撮って
写りのいい方を使ったりしています^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://franandtuto.blog56.fc2.com/tb.php/190-ed0e775b

 | HOME | 

プロフィール

tuto(つと)
Author:tuto(つと)
海外の写真を載せています。
本館はこちら→

使用機材
Canon EOS 5D Mark II
Nikon 14-24mm F2.8
Sigma 50mm F1.4




最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

風景 (84)
TEAMIE (21)
ニャンズ (38)
京都 (58)
食事 (73)
物撮り (16)
ドイツ (57)
アメリカ (22)
オーストリア (109)
スペイン (4)
スイス (6)
オランダ (9)
フランス (12)
香港 (1)
未分類 (10)

カテゴリ別記事一覧

記事一覧を表示する


リンク(50音順)