前回もご紹介した通り、日原鍾乳洞は新洞と旧洞に分かれていて、

新洞は昭和37年に見つかったばかりの新しい洞窟です。



↓新洞の入り口には「ここからは覚悟を決めて進むべし」との注意書きが。

しかし虎穴に入らずんば虎子を得ず!

美しい鍾乳石を見るためには、危険をかえりみてはなりません。

IMG_2175.jpg

最近トレーニングジムに通い始めたので、

特訓の成果をここで見せてやる~~と意気込んで向かっていきました!

IMG_2178_2.jpgIMG_2183_2.jpg

急な斜面に加えて、足場が少し傾いています。

IMG_2185.jpg

日原鍾乳洞の高低差は全体で134メートル、

おそらくその大半が新洞によるものかと。

IMG_2188.jpg

↓ここだけは階段の両脇に網が張ってあります。

網ごしに下を覗くと、奈落の底につながるような暗闇が。

IMG_2193_1.jpgIMG_2194_1.jpg

網のところどころが破けているので、その隙間にカメラを押し込んで一枚。

よ~~く見ると、、、

IMG_2196.jpg

わ~~い、鍾乳石だ~~

ちょっと小ぶりな気がしなくもないですが、いいんですいいんです。

そうそう、鍾乳石って1cm伸びるのに何十年もかかるそうですよ。

それを思えばちょっとくらい小さくても許せてしまいますね^^

IMG_2195_2.jpg

鍾乳石とも無事ご対面を果たしたので、そろそろ帰ることにしましょう。

ここからは下り階段が続きます。

IMG_2198_20100926130434.jpg


IMG_2203.jpg

あっ、あそこに出口って書いてある!

IMG_2206_20100926130614.jpg

出口から差し込む太陽の光、、、ふぅ、なんとか無事に帰ってきました。

IMG_2213.jpg

外に出てすぐに撮った写真。

内外の温度差のせいでレンズが曇ってしまいました。

IMG_2221.jpg

何はともあれ鍾乳石も見れたし、ケガもなく帰ってこれたのでめでたしめでたしなり~



道も狭くてアップダウンも激しかったけど、

ちぃ~さな困難を乗り越えたという達成感がこそっと湧いてきました。



「なぜ山に登るのか?」って聞かれて「Because it is there」(そこに山があるから)って

答えた某登山家の気持ちが少し分かったような気がしましたよ^^

IMG_2224.jpg



さて洞窟を探検した後は、立川駅でfranと合流してそのまま新宿に向かいました。

さっきまでの山奥とはギャップがありすぎてもう何が何やら(笑)

本店の方に関連記事がアップされているのでご覧になってくださいね。 → 

IMG_2282_20100926133047.jpg


IMG_2288.jpg



そうそう、franが借りてきてくれたレンズの感想ですが、

大きい、重い、高いに加えて、マウントアダプタを介した操作感はイマイチ。

でも出来上がった写真を見るとその解像感、各種収差、逆光耐性のレベルの高さに息を飲みます。

franからも「ディスプレイを見る顔がニタニタしてるよ」って言われる始末。

これは欲しいかも、、、よし!頑張って残業してお金貯めるぞ~~!

IMG_4743.jpg



次回の予告。

この週末はアマゾンの僻地に潜入して、

コシジロハゲワシの撮影に成功いたしました(笑)

という訳で次回は動物の写真をアップしようと思います。

IMG_2718.jpg

う~ん、京都の写真はいつになるのやら。。。

IMG_2801_1.jpgIMG_2802_1.jpg


スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

tuto(つと)
Author:tuto(つと)
海外の写真を載せています。
本館はこちら→

使用機材
Canon EOS 5D Mark II
Nikon 14-24mm F2.8
Sigma 50mm F1.4




最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

風景 (84)
TEAMIE (21)
ニャンズ (38)
京都 (58)
食事 (73)
物撮り (16)
ドイツ (57)
アメリカ (22)
オーストリア (107)
スペイン (4)
スイス (6)
オランダ (9)
フランス (1)
香港 (1)
未分類 (10)

カテゴリ別記事一覧

記事一覧を表示する


リンク(50音順)